FC2ブログ
× FC2カウンター
× プロフィール

ツナ風味

Author:ツナ風味
毎日はムリでも週末には更新したいなあ

× 最新記事
× 検索フォーム
× 月別アーカイブ
× カテゴリ
× ゚・*:.。. .。.:*・゜
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
× スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



× 雑草係だった


22 名前:名無しさん@_@[sage] 投稿日:2008/09/19(金) 17:25:16 ID:EajMXT2r0
僕は小学校4年生の時、雑草係だった
雑草係とは月水金の週3日、昼休みに校庭に生えている雑草を抜いてまわる係だ
係を決める日に欠席した僕に、大親友の大内くんが雑草係だということを教えてくれたんだ
僕は内心つらそうな係だなと思った
でもクラスには大好きな高野さんがいたし、先生にも褒められたかったので
僕は雑草係をやり遂げることを決心した。
それからの僕は熱心に雑草係をつとめた。台風が近づいて大雨の日も、炎天下でも
みんなが校庭で遊んでいるその間を這いつくばりながら、雑草を抜き続けたんだ。

2学期の中頃、僕は朝会で突然校長先生から表彰された。
校長先生は「この子はお昼休みに校庭の雑草を熱心に抜いてくれている。
        私はこれはとてもすごいことだと思う」という。
僕は言ってやりたかった。「これは雑草係という係なんですよ 馬鹿じゃねーのww」と。
でもクラスのみんなは笑顔で僕を迎え入れてくれたし、先生もすごいねと言ってくれた。
僕は嬉しかった。
大好きな高野さんがうつむいてるのが気になったけどね。
その日の放課後、先生が僕を職員室に呼んだ。きっと褒めてくれるんだ。僕はウキウキして行った。
先生は僕の正面に座ると言った
「積極的に校庭の雑草を抜いてるとは思わなかった。とてもえらいね。
 でも保険係のお仕事をサボっちゃ駄目じゃない。
 保険係の集会がある水曜日のお昼休みは係の仕事しよ?
 保険係が高野さん1人じゃ可哀そうじゃない。」






雑草係なんてなかった















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。