FC2ブログ
× FC2カウンター
× プロフィール

ツナ風味

Author:ツナ風味
毎日はムリでも週末には更新したいなあ

× 最新記事
× 検索フォーム
× 月別アーカイブ
× カテゴリ
× ゚・*:.。. .。.:*・゜
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
× スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



× 狂気の沙汰ほど面白いっ・・・!


888 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/12/24(水) 04:01:15 ID:BdPG/i61
居酒屋で。A~Dともタイプは違えど可愛かったり美人だったり。
隣のテーブルで、とても楽しそうにクリスマスイブのデート予定を言い合っていた四人
リア充羨ましいなあと、一緒に飲んでた喪仲間と
なんとなく会話を流し聞いていたら、突然黙り込む彼女たち。
A「……」
B「……とまあ、ここまで全て妄想なわけだが」
A「ばかっ!妄想と思うから妄想なのっ!ハナムラ(?)はいるもん!
今日も家で私の帰りを待ってるんだもんっ!」
C「ゲーム機の中でな…」
D「私の番長(?)も今頃お風呂の用意してくれてるの~。
勿論一緒に入りますよフヒヒww」
B「今日もまた好みの男に囁いてほしいセリフスレを
眺める作業が始まるお…」
A「ハナムラのぱんつほしい」
D「Aちゃん、もしかしたら25日の朝枕元にあるかもよ!
わたし番長の歯ブラシがほしい!」
C「さて…今年もラグーンシティでイブを過ごすか…」

声は潜め気味だったが、すぐ隣の私たちには聞こえていた…
あんな美人でもヲタで喪女板住人なんだなあ…
彼女たちはその後、雀荘いくかー倍プッシュだ…とか言いながら去っていった

















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。